カテゴリ

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

+ 過去の記事を見る
 

リンク

FC2カウンター

QRコード

QR

欠席状況

欠席者   28名 

5歳児 ………………3名 
4歳児 ………………6名
3歳児 ………………7名
2歳児 ………………6名
1歳児 ………………4名
0歳児 ………………2名

◆感染性胃腸炎感染・・・・・ 3歳児   1名
                  
◆インフルエンザ感染・・・・・ もり2組   2名
                 いちょう組   2名 
                 3歳児クラス 1名
                 2歳児クラス 5名 (内れんげ組 2人 なずな組 2名)                             

◆流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)・・・・4歳児 1名

☆感染性胃腸炎(流行性嘔吐下痢症)は・・・☆
  ウイルスなどが原因となって発症する胃腸炎のことです
  ロタウイルス、アデノウイルスによる胃腸炎は、乳幼児によく見られます。
  感染性胃腸炎の症状は、病原体により異なり、また個人差もありますが、
  下痢、嘔吐、悪心、腹痛、発熱などをきたします。
  また水のような下痢、血便となる場合も多いです。
  症状が重い場合は脱水症状をおこすこともありますので
  こまめに水分補給をしてください。

☆インフルエンザは・・・☆
 風邪とは異なり、比較的急速に出現する悪寒、発熱、頭痛、全身倦怠感、
 筋肉痛が特徴で、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、咳、痰などの気道炎症状を伴います。
 腹痛、嘔吐、下痢といった胃腸症状を伴う場合もあるそうです。

☆流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)は・・・☆
 2~3週間の潜伏期のあと、発熱・頭痛・耳下腺の腫れで始まります。
耳を痛がったり、食事の時に口を開けるのを痛がったりします。
ほぼ同時期に両方の耳下腺(耳たぶの前下方から後ろにかけての皮膚)が腫れ、
押すと痛むようになります。

※なずな組において12日11:00現在、インフルエンザ罹患者が2名です。
 インフルエンザの罹患者が3名に達した時点で学級閉鎖となります。
 お子さんが急な発熱を発症した場合、速やかに医師の診断を受けて、
 園までご報告ください。
 明日以降学級閉鎖になる場合は改めて一斉メールでお知らせします。 
 
※れんげ組において、10日(水)に、あと1名で学級閉鎖になる可能性がある旨を
  お知らせしましたが、12日11:00現在、インフルエンザ罹患者が2名になりました。
これから罹患者が増え、再び学級閉鎖の可能性になる場合は改めてお知らせします。
  また、今後も感染予防をお願いします。
    
※発熱やおう吐下痢症などの症状がありましたら受診をお願い致します。
  インフルエンザや感染性胃腸炎は学級閉鎖につながりますので
  受診をされましたら診断名を(感染性ではなくても)速やかに園までご連絡ください。

※職員のインフルエンザ罹患者    栃木秀子
                        田中真里杏は本日より出勤しています。

2月12日の昼食

2016.02.12 12:17|今日の昼食
280212.jpg
そよかぜ

   今日は手作りお弁当の日です。

2月10日のおやつ

2016.02.10 15:00|今日のおやつ
270701oe.jpg
りんごゼリー
    アレルギー食も共通です。

2月10日の昼食

2016.02.10 12:52|今日の昼食
280210m.jpg ご飯(押麦入り)
 ひき肉カレー
 ハートのコロッケ
 果物
           スキムミルク


280210mj.jpg


 アレルギー食1

280210mk.jpg


 アレルギー食2

280210.jpg
さくら

欠席状況

欠席者   30名 

5歳児 ………………6名 
4歳児 ………………5名
3歳児 ………………10名
2歳児 ……………… 8名
1歳児 ……………… 1名
0歳児 ……………… 0名

◆感染性胃腸炎感染・・・・・ 3歳児   2名
                  5歳児   1名
◆インフルエンザ感染・・・・・ もり2組   2名
                 4歳児クラス 3名 (内いちょう組 2名)
                 3歳児クラス 1名
                 2歳児クラス 5名 (内れんげ組 3人 なずな組 2名)                             ◆流行性角結膜炎・・・・・・・3歳児  1名         

☆感染性胃腸炎(流行性嘔吐下痢症)は・・・☆
  ウイルスなどが原因となって発症する胃腸炎のことです
  ロタウイルス、アデノウイルスによる胃腸炎は、乳幼児によく見られます。
  感染性胃腸炎の症状は、病原体により異なり、また個人差もありますが、
  下痢、嘔吐、悪心、腹痛、発熱などをきたします。
  また水のような下痢、血便となる場合も多いです。
  症状が重い場合は脱水症状をおこすこともありますので
  こまめに水分補給をしてください。

☆インフルエンザは・・・☆
 風邪とは異なり、比較的急速に出現する悪寒、発熱、頭痛、全身倦怠感、
 筋肉痛が特徴で、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、咳、痰などの気道炎症状を伴います。
 腹痛、嘔吐、下痢といった胃腸症状を伴う場合もあるそうです。

☆流行性角結膜炎は・・・☆
充血し眼脂(めやに)が出る、涙目、
まぶたがはれたりする症状があります。
片目発症後、4~5日後に反対側の目も発症する場合があるそうです。
主として手を介した接触感染で、ウイルスに感染した眼を手で触れると、
手にウイルスが付着し、そのままいろんな物に触れると、
その物にウイルスが付いて他の人がそれに触れて感染するという経路が
ほとんどです。

※なずな組において9日11:00現在、インフルエンザ罹患者が2名です。
 インフルエンザの罹患者が3名に達した時点で学級閉鎖となります。
 お子さんが急な発熱を発症した場合、速やかに医師の診断を受けて、
 園までご報告ください。
 明日以降学級閉鎖になる場合は改めて一斉メールでお知らせします。 

 ※れんげ組において10日11:00現在、インフルエンザ罹患者が3名です。
 インフルエンザの罹患者が4名に達した時点で学級閉鎖となります。
 お子さんが急な発熱を発症した場合、速やかに医師の診断を受けて、
 園までご報告ください。
 明日以降学級閉鎖になる場合は改めて一斉メールでお知らせします。

※嘔吐下痢症によるお休みがとても多くなっています。
  園では次亜塩素酸精製水による加湿器の稼働や消毒、
  また手洗い・うがいの徹底に努めています。
  ご家庭でも、食前やトイレ後の手洗い・うがいで予防をお願いします。
 
※発熱やおう吐下痢症などの症状がありましたら受診をお願い致します。
  インフルエンザや感染性胃腸炎は学級閉鎖につながりますので
  受診をされましたら診断名を(感染性ではなくても)速やかに園までご連絡ください。

※職員のインフルエンザ罹患者   田中真里杏  栃木秀子